デリケートゾーンの黒ずみの原因

このエントリーをはてなブックマークに追加 

デリケートゾーンの黒ずみ

 

デリケートゾーンの黒ずみって気になりませんか?

 

他人には、なかなか相談しずらい部位ですし、普通にしていると見えない部分なので

 

なかなか改善しにくのが黒ずみです。

 

自分自身で確かめる機会はあまりないかもしれないので気付いていない・わからない人も多いかもしれません。

 

雑誌やDVDで他の人のを見る機会がありましたが、実は黒ずみってすっごく分かりやすいんです!

 

女の私でも黒ずみがひどいとキレイだなとは到底思えません…。

 

自分もそうだったら…と思うとショックを受けそうなので鏡で確認しました。

 

やっぱりキレイとは言い難い…

 

だったら男の人はもっとそう思っているんじゃないか?と思いました。

 

なので黒ずみの原因を知って、少しでも意識を改善していければいいなと思います!

 

黒ずみの原因

デリケートゾーンの黒ずみ

どうして黒くなってしまうのか…??

黒ずみの原因をわかりやすくまとめてみました。

 

メラニン色素の沈着

 

メラニン色素の沈着は、メラノサイトというメラニンを作る細胞がお肌への刺激に対して起こす反応なんです。

アンボーテ黒ずみ

 

そもそもメラニンは日焼けなどによるシミの原因として知られていると思います。

 

このメラニンは、実はストレスや、ホルモンバランスの乱れによっても生成されてしまうこともあるんです。

 

なので黒ずみができてしまうんですね…。

 

それにデリケートゾーンはメラニン活性が高く、黒ずみやすい場所なんです。

 

デリケートゾーンは摩擦(トイレなど)やアンダーヘアの自己処理などの刺激が多く、

 

何気なく毎日肌に負担をかけてしまっているんです。

 

たとえば、

下着による擦れ

トイレットペーパーでふく時の摩擦

アンダーヘアの処理による刺激

 

ほかにも股ずれや自転車など生活の中で避けては通れない擦れによって負担がかかっています。

 

デリケートゾーンはその名の通り繊細で、皮膚は薄くデリケートです。

 

少しの刺激も吸収して黒ずみの原因にしてしまいます。

 

男の人が「あそこが黒いと萎える」などと言っているのを耳にしますが、

 

「黒ずみは刺激によって起きてるってことを知らないから仕方ないじゃん!」

 

と言いたくなります。

 

気付かずにずっとそのまま過ごすと悪化する一方です。

 

きっと読んでくださっている方は気づいたんですよね。

 

すごいと思います!

 

悪化の一途をたどる前に、黒ずみを改善して行きましょう!

 

デリケートゾーンの黒ずみ

 

黒ずみを生んでしまう刺激の中でもトップクラスなのが、【アンダーヘアの処理】です。

 

最近はアンダーヘアはきれいに整えるのが当たり前のようになってきていますよね。

 

特にVIO脱毛が気軽にできるようになってきているので、

 

パイパンとまではいかなくても、ビキニラインはしっかり整えている人が

 

多いと思います。

 

脱毛ではなく、自分で剃ったりぬいたりしている人も多数いると思います。

 

これが黒ずみの1番のポイントです。

 

デリケートゾーンに限らず、毛を剃ったりしていると、「黒くなるよ!」とか「ますます毛が生えてくるよ!」なんて1度は言われませんでしたか?

 

それは黒ずみがひどくなるから毛が濃くなったように見えるんです。

 

毛を剃るという行為は肌への負担が最も大きく、黒ずみを加速してしまいます。

 

なので剃る場合は、クリームを使ったり、剃った後の保湿をしっかりするなどのケアを必ずして、刺激を緩和させましょう!

 

ピンセットなどで抜いている場合も同じです。

 

毛を抜くとそこが赤くなってしまいますよね。

 

ぷつぷつと…それが炎症です。

 

この炎症も刺激になり黒ずみの元となります。

 

繰り返し繰り返しの行為でどんどん定着していてしまうんです。

 

なので、アンダーヘアを処理する場合は自己処理ではなく、脱毛に行く方が好ましいです。

 

レーザー脱毛の場合は、毛の処理だけではなく、メラニンも減らしてくれるからです。

 

自己処理の場合は、処理の前後に必ず皮膚をいたわるようにしてください。

 

 

 

皮脂や古い角質汚れ

 

衣類(下着)によるすれや蒸れからくる皮脂汚れや角質によっても黒ずんでしまいます。

アンボーテ黒ずみ

 

要するにメラニンを含んだ古い角質・皮脂による黒ずみです。汚れがたまることで黒ずんでしまうんです。

 

 

デリケートゾーンは特に構造もちょっと複雑なので、汚れがたまりやすくなっています…

 

なのでキレイに洗ったつもりでいても実は洗い切れていないなんて言うこともあります。

 

それに女の子はおりものシートや、生理中はナプキンなどをつけますよね。

 

つけなきゃいけないんだけれど、これは刺激も汚れも増やしてしまうんです。

 

よく長時間つけっぱなしと聞きますが、確かに働いていたりすると

 

なかなかこまめに変えるというのはなかなか難しいかもしれません。

 

デリケートゾーンの黒ずみ

 

ですが、擦れるのは当たり前だし、こまめに取り換えないと、蒸れからくる皮脂汚れで雑菌も繁殖して

 

黒ずみとニオイを発生させちゃうんです。

 

それに経血がアンダーヘアについてしまうと、ナプキンかぶれや湿疹が出てしまうといったトラブルもでてきてしまいます。

 

嫌な臭い・不快感は女の子の誰もが1度は味わったことがあるでしょう。

 

できるならどちらも味わいたくないですよね。

 

だから使用の際は必ず頻繁に付け替えるようにしましょう!

 

下着も締め付けてばかりだとそこが刺激によって黒ずんでしまいます。

 

いわゆるビキニラインです。まさか下着の締め付けなんて思いませんよね?

 

下着もダサいなと思うかもしれませんが、通気性の良い綿などでできた緩めがベストなんです。

 

可愛い下着は面積が小さかったり、紐のように細かったり、ぴちぴち目ですよね。

 

お風呂に入る前に見てみてください。

 

あとになったりしていませんか?

 

しているようなら要注意です!

 

デリケートゾーンの黒ずみ

 

デリケートゾーンの黒ずみの改善が簡単にできるのが、日々の刺激をできる限り軽減することなんです。

 

デリケートゾーンはほぼ1日ずっと下着による刺激を受け続けています。

 

これを機に自分に合った肌にやさしい締め付けないタイプの下着を着用することを心がけてみてください。

 

自分に合った下着のサイズや形、素材を見つめなおしてみてください。

 

必ず改善につながります。

 

 

アンボーテ フェミニーナウォッシュの悪い口コミと失敗しない購入のコツ!トップページ

アンボーテ フェミニーナウォッシュの口コミや最安値情報、写真付きレビューが気になる方方はトップページから詳細を確認してみてください。デリケートゾーンの臭い・黒ずみへの効果も紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加