デリケートゾーンのかゆみの原因〜乾燥厳禁!保湿でお肌ケア

デリケートゾーンのかゆみ

 

デリケートゾーンのかゆみの原因は?

デリケートゾーンのかゆみ

 

デリケートゾーンの大きな悩みの1つにかゆみが出やすいということがあります。

かゆみが発症すると仕事にも集中できませんし、人前でかきむしるわけにもいきません。
人には言いづらいことですが、女性なら誰でも一度は経験がありますよね。

 

主なかゆみの原因はもともとの体質による汗と雑菌、性病などによるものです。

性病の疑いがある時は産婦人科へいきましょう。
雑菌やムレによる痒みは、デリケートゾーンを清潔に保つことで抑えることができます

 

デリケートゾーンのかゆみ

 

特に女性は下着やストッキング、スキニーパンツなど締め付けのきつい服装を好む方が多いです。
締め付けがきついと蒸れやすくなりますし、雑菌も発生しやすくなります。

 

デリケートゾーンはもともと適度な保湿と常在菌によって良好な状態に保たれています。
きつい下着やストッキングなどで、窮屈になりやすいデリケートゾーンはどうしてもムレが発生しやすいですよね。

 

さらに、生理中にかゆみが起こるという場合も多く見られます。
最近の生理用品は吸収性に優れた製品が多く、汚れてないからと言って交換回数が減ってしまうと、湿気などで雑菌が繁殖し、かゆみの原因になることがあります。ナプキン3時間おきに換えたり、ウォッシュレットを使うなどして、デリケートゾーンは清潔に保ちましょう。

 

 

かゆみが発生しやすいときはこんなとき

デリケートゾーンのかゆみ

 

肌が弱い方やアレルギー体質の女性は、デリケートゾーンのかゆみが引き起こしやすい傾向があります。

気をつけないといけないのは、通常生活のなかではなんでもなくても、ストレスや疲れがたまると身体の抵抗力が落ちてしまいます。
それが原因でかぶれやかゆみが起こることもあります。

 

糖尿病、妊娠中、高熱発生時に抗生物質を服用した時もデリケートゾーンにかゆみが起こりやすいです。
ホルモンバランスが乱れる更年期にも、体温があがるとかゆみが起きることがあります。

 

上記の場合の主な原因は カンジタ菌の存在です。
健康な女性であれば、誰でも持っている常在菌ですので病原菌などと違うので安心してください。

 

カンジタ菌は、風邪や疲労、ストレスなどが発生すると繁殖しやすく、オリモノの臭いがきつくなったり、かゆみなどの症状が起こります。

オリモノの状態が、細かいチーズのようにポロポロしていたら、膣カンジタの可能性あります。
デリケートを清潔に保ち、専用の軟膏などでも対処は可能です。

 

カンジタ菌以外にも、かゆみの原因として考えられるものには、大腸菌、ブドウ球菌が原因の感染性外陰炎、トリコモナス原虫によるトリコモナス膣炎、パピローマウィルスが原因の尖圭コンジローマなどがあります。
ひどい症状の時は、陰部の周辺皮膚がただれたり、痛みをともなうかゆみがありますので、
ひどくなる前に早めに医師の診断を受けることが大切です。

 

かゆみ対策には適度な保湿と清潔に保つことが重要です

デリケートゾーンのかゆみ

 

よく使われているデリケートゾーンの保湿対策としてワセリンや専用保湿剤があります。

 

ワセリンなどの保湿材を塗る前に、まずはデリケートゾーンを洗って清潔な状態にしましょう。

 

 

洗う際は市販用のボディ用の石けんだと刺激が強い場合があります。
今ではデリケートゾーン専用の洗浄剤もありますので用意すると保湿効果が違います。
特にかゆみだけでなく、臭いや黒ずみが気になる方は、ぬるま湯で丁寧に洗う方法か弱酸性のデリケートゾーン専用ソープを使ってみるといいでしょう。

 

ワセリンは赤ちゃんから大人まで使用可能です。
身体の様々な部位の乾燥対策に使えるので、ひとつ持っていると便利です。

 

女性のデリケートゾーンは敏感な部分ですので、弱アルカリ性などのボディソープでは刺激が強すぎてしまいます。
通常でも必要な、デリケートゾーンを健康に保つために良い常在菌まで洗いながしてしまう可能性があります
そうなるといくらキレイに洗っても乾燥をまねき、それを補うために多くの皮脂を分泌します。
余計に肌環境を悪くしてしまいますので、専用ソープの存在は重要です。

 

欧米では一般化してますが、最近は日本でもデリケートゾーン専用コスメが販売されています。
アロマテラピー効果を取り入れた商品も多く、女性の敏感肌へのやさしさや香りを追求した天然素材のものが多く見られます。

 

特に保湿が必要になるのは加齢によって乾燥しやすくなっている方です。
顔が乾燥しやすい肌の方は、他の部分も乾燥しやすいです。
カミソリや毛抜きでの脱毛後の肌は見えない傷がついていて、非常にデリケートになっているので、きちんと専用ソープできちんと保湿していたわってあげましょう。

 

特にデリケートゾーンは角質層が薄く、乾燥しやすい

デリケートゾーンのかゆみ

 

顔の皮膚よりも薄く入り組んだ形になっているデリケートゾーンは、摩擦によって黒ずみや乾燥、逆にムレからの雑菌の発生などが起こりやすい部分です。

蒸れや乾燥はかゆみの大きな原因です。

 

デリケートゾーンのかゆみ

 

角質層が薄いと、水分を保持する力が弱くなります。
角質層のひとつひとつが充分に潤っていると、外からの刺激を受けにくいのですが、
乾燥すると角質層が乱れて刺激物質が通りやすくなり、肌は敏感に反応してしまいます。

 

脱毛サロンなどでもアンダーヘアの脱毛をする女性が多いですが、脱毛後は特に保湿ケアが必要なため、保湿クリームを処方されています。

自宅でムダ毛のお手入れをする際にも、お手入れ後は肌が敏感になっているため、特に保湿に気を配りましょう。

 

特に蒸れやかゆみを引き起こしやす生理時は通気性のよい下着やスカートを着用したほうが臭い、かゆみの対策になります。
体質もありますが、まずはお肌を清潔に保つことからはじめましょう。

 

アンボーテ フェミニーナウォッシュの悪い口コミと失敗しない購入のコツ!トップページ

アンボーテ フェミニーナウォッシュの口コミや最安値情報、写真付きレビューが気になる方方はトップページから詳細を確認してみてください。デリケートゾーンの臭い・黒ずみへの効果も紹介しています。